--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.06.13

「水換え」 の続き☆ 

こんばんは右足中指だけが攣ってしまって、悶絶していたシーブソンです。
中指が薬指にくっ付いてましたよ

遅くなりましたが、シーブソンなりに「水換え」についてまとめてみます。 
                              
 「水換え」には  ・ゴミや糞と共に硝酸塩を減らす目的で行うもの(通常)
            ・アンモニアなどを減らしたり緊急性のあるもの(緊急)
 主にこの2つがあると思います。
2つの違いは換える水の量ではなく目的です 

また、寿恵廣錦を飼育する上で、水換えの効果を気にしなければいけません。
 ・水換えには餌食いを良くする効果があること  つまり、水換えすると沢山餌を食べるので大きく太くなり易いです。 
コンテストでは、太み(体高)が求められるので、この効果は重要です。

しかし、餌が増えると糞が増えて水が悪くなりやすく、さらに魚が大きくなって、餌が増え・・・と水管理にとっては悪循環になりえます。

 水換えで食欲旺盛の寿恵廣錦に良く食べるからといって、何度も沢山餌をあげてしまうと、管理しきれなくなる可能性があるのです。

コンテストには出ず、観賞魚として寿恵廣錦を楽しみたい方の場合、「水換え」を基準に餌の量を決めてください。
らんちゅう飼育などで言われる格言に「餌は池にやれ」と言うものがある通り
週1回の水換えで済ませたい方は、週1回で済む様に、餌の量、水の傷みを調節してください。 
ねだる様子が可愛いからって多くあげると、地獄が待っていますw

ごちゃごちゃ書きましたが、金魚飼育している方なら、「普通に飼う」 それで、いいんです!!

一方、コンテストを目指す方は大きさ太みを出すために、餌を食わせる必要があります。 
そのための水換え」と言ってもいいと思います。
食欲増進効果を得るために、あえて水換えして食わせる 作戦です。
 
過去記事の「フレアリング効果」も狙えるので シーブソンは途中からですがw 狙って1日2回にしました。 
1回1/2の換水より、2回(一回当たり1/5~1/4)の換水のほうが、新しい水が入る度に、水換え効果を期待してのことです。
この作戦のお陰か、シーブソンの魚はコンテスト時で、約14~5cmで体高も評価される程度になりました。
当初、安易に多換水していましたが、その効果はあったとみています。
   
 シーブソンは過密のせいもあって、毎日水換えしますが、真似する必要ありません。
 管理出来る範囲でやるのが一番です。 
 その中で、どう管理すれば形がよくなるか、試行錯誤することもコンテストの1部だと思います。
 技術さえあれば、餌を沢山あげても、週1回の水換えで済む方もいらっしゃると思います。
 シーブソンはこのような水換え方法ですが、これがコンテスト必勝法ではありません。 
 

 はっきり言って、毎日は しんどいです それでもやるのは 

 寿恵廣錦って綺麗なんです
  この先を見てみたいその一心で頑張っています。
  
皆さんも「水換え」と上手く付き合って、綺麗な寿恵廣錦といい人生を 



拍手、ポチッ もよろしくお願いします!!      今日もありがとうございました☆
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://simousanisiki.blog.fc2.com/tb.php/20-775b034b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。