--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.08.22

おへそがとられちゃう

こんばんは 最近、やたらとが怖いシーブソンです。今もシーブソンの地域ではがすごいです
先ほど、水が溢れていないか、メダカの容器をチェックしたのですが、が落ちるたび「次は自分に落ちる」と考えてしまうほど「ビビリ」です  「ビリリ」の「ビビリ」 響きでニヤリ ハヒフヘホ~
・・・はい。 それでメダカチェック中、稲妻が光ってからの音が聞こえるまでを計って 「まだ遠いな~」と思った瞬間
「ぴかっ ど~ん バリバリ~」 
「めっちゃ、近いやんけ~ はよ逃げな~」 と退散してブログ書いてます

ところで、 なぜ、「おへそ」が狙われるのでしょうか?ww 皆が皆 出ベソではないのに、
耳や鼻の方が摘まみやすいのに・・・ 単なる「へそフェチ」ですか? 
しかも、防御対策が 隠すだけでいいって 取る気あるんですか
宿題しなきゃだめ とか いいこと何かする とか 色々やらせるのに都合がいいのに(笑)
シーブソンがビビるくらい怖いものだから、手加減してくれているのでしょうか o(≧~≦)o

さて、少し前 ウップスさんから 「尾の展開の維持は難しいのか」という 難しい質問を頂いてヒヤヒヤでしたので、
教科書で調べなおしました 
シーブソンは尾の維持のために特別何かしているわけではありません。
飼育環境を整える事と個体の素質で大体決まるものだと思っています。
経験不足で教科書のまんまですが(笑)

尾の成長や維持には 40cm~60cmくらいの水深が必要と言われています。 水深があると尾の張りがでるそうです。
シーブソンは 幼魚(4、5cm)の時から ハイタイプ(40cm)水槽にいれています。
扇魚(16cmup)でも高さ45cmです。 60cmの時と40cmの違い等はやったことないのでわかりません。
寿恵廣三昧はWEBコンテスト上位レベルですから、今の段階で無理に深くする必要はないと感じています。  
寿恵廣錦らしさを実感するには 60cmならハイタイプ、90cmならノーマルで十分だと思います。

水流は出来るだけ弱く!!が基本です。 
水流が強いと尾の展開が弱くなるそうです。 シーブソンは 上部フィルターの排水エルボーを壁にむけるだけです。
サブフィルターの水流と合わせても ゆっくり水が循環しているのがわかるくらいです。

尾の展開維持では泳がせすぎない事も大切だそうです。 広い水槽でビュンビュン泳がせるのはNG
泳ぎすぎると尾を畳むからだそうです。 水深をとるのもこの理由に当てはまりますね。

シーブソンは10月個体を過密飼育してきました。 それなりの尾で維持できているのは 泳がせなかった事もあるかもしれません。 シーブソンは今、 幼魚を60H水槽 扇魚を90レギュラーで飼育していますが、 教科書の過去記事には 泳がせないために扇魚を60cmサイズの水槽で管理しているものもあります。

うちでは90レギュラーで扇魚を5匹維持していますが、 ゆったり泳いでいる感じです。アロワナとかマンボウみたい?w
今の状態が泳ぎすぎに当てはまるのかは経験不足でなんともいえませんが、今後、意識して様子を見て判断してみてもらえればと思います。 

あとは水質ですかね~  安定したいい水作りも重要で、成長維持に欠かせないということです☆

尾の展開維持についてはこれくらいが基本だと思います。 特別な事は何もないでしょう(笑)
品評会を目指すなら色々テクニックがいると思いますが、 寿恵廣錦を楽しむ分には 少し気をつけるだけで十分なんです☆ シーブソンレベルはチョチョイのチョイですから  

4月孵化とハンナ達ですが ぽっこりお腹です( ̄m ̄〃)
2013・8・22・1            2013・8・22・2
2013・8・22・3            2013・8・23・4

10月個体の時よりは腹出せてて、 師匠が育てる子に似てきました 
品評会向けになると これでも全然なところが恐ろしい(;´▽`A`` 
素人ながら上出来の10月個体に匹敵するくらいに なって欲しいなぁ
シーブソンはホームランいらないんです 打率3割を続ける方を目指します

今日は 余り餌をあげれてません 赤虫6ブロック 2回 と 固形一回 メインと植物性ミックス
水換え15Lにマット洗濯 ポンプ洗浄で流量少し回復 

寿恵廣錦って沢山餌あげても 大きくならないなぁ~っていつも思うのですが
寝て起きて見ると 1回りくらい大きくなったって感じる時もあって 不思議です

ほんと でっかっ ってなるんですw
今日は なってなかったですけど

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
 今日もご訪問ありがとございました☆

              それでは チュ~ス
関連記事
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://simousanisiki.blog.fc2.com/tb.php/75-21929abd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。