--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.05.27

第9回WEBコンテスト

こんばんはシーブソンです。
 本日2回目の更新ですが、今日書いておかないと話の流れが悪くなるので、
自分の体に鞭うって(ヒヒィ~ン)記事を書いていこうと思います
 師匠便りにもあった通り、シーブソンは寿恵廣錦販売店の「GREEN」さんで行われるWEBコンテストにおいて 「3位」になりました
受賞固体はこの子です。 今回は、コンテストとこの個体について書きます。
紹介2013/5/25 4

去年の12月、師匠に半ば強引に勧められ飼うことになった寿恵廣錦。 この時から、素人ながらに魅力を感じていたのはスプーンヘッドのような小さな口と菱形フォルム。 尾は全然気にせず師匠の選別もれから10匹頂きました なぜなら、扇になった尾を見た事なかったからです10匹の選別基準もスプーンヘッドのような小さな口だけ 
師匠の尾の見方や、選別は見てもちっともわかりませんでした。 小さい上に、「ビュンビュン」泳ぐんですから。

頂いて帰り、紹介した45cm水槽にいれてみて、10匹は多いと素人ながらに思いました。師匠の嫌がらせだと今でも思っていますw
それでも、新しく飼うフレッシュな気持ちだけで、楽しくも、嬉しくもなりました。 
 この子が家に来た時は4cmもない程度でした。 成長も遅く、導入した寿恵廣錦10匹中3番目に小さかったです。
webコンテスト1
早く大きくしようと、毎日15Lバケツで1杯水換えし、1日五回給餌 一回の餌やりはチョコレート型赤虫のブロックが3個。 3個が4個になり、どんどん増えていきました。

webコンテスト2
三月中旬 流石に45cmに10匹では収まらなくなりました。 そこで5匹だけ60cmに移すことにしました。
大きさはかなり小さかったのですが、色柄が気に入りこの子も移すことに。
ここから 水換え二回 一回の赤虫 8個 8個が10個 となるにつれ グングン大きくなりました。
口も小さく体高だ出てきて、自分好みの1番のお気に入りに しかし、四月下旬 気付くと ない!!すっかりオレンジがぬけてしまいました。 このころはブロック12個くらい 1度にあげていました 11~12cmあると思います。
コンテスト3
5月に入り 15個/回×2と固形3回の餌やり、 水温は飼育初期から23度 水換え量約30L/日 
コンテスト2週間前に急に尾にせり上がりが出てきました。 この頃から尾の形の大切さが身に沁みてきました。
魚の雰囲気が ガラっと 変わるのです。
より、寿恵廣錦らしくなってきたところで、タイムアップ 結果 3位になれました。上位陣はお二人共優勝経験者のはずですから善戦したと思っています。今だ実感はありません。
疲労感だけですw でも寿恵廣錦の楽しさが日々実感できています。

写真ではわからない。
飼わないと味わえない悦びがあるのです。
 是非 寿恵廣錦を飼ってみてください! シーブソンなんか忘れるくらい(忘れないで)寿恵廣錦の魅力を体験できるはずです☆

 ※上の飼育に関する記述はコンテスト(もはや飼育競技的)を意識したものです。成果がでていても正解ではありません。また、飼育数が多く過密水槽による管理のため、一般的飼育法から逸脱していると思います。
普通に楽しみたい方がまねする必要ありません。 

餌を沢山やると尾が扇になるわけでは無いのです。尾に負けない体作りに餌が多少多く必要にはなりますが、寿恵廣錦を飼う事は他の金魚とさほど変わらないと思います。
寿恵廣錦らしさは誰でも手にできます。 勘違いだけはなさらないでください。 
今回の記事は3位になった経緯のようなものです

優勝魚だけが寿恵廣錦でしょうか? 
あなたが育てた寿恵廣錦があなたらしい寿恵廣錦なんです。  飼育法に関しては別の機会に詳しく書かせていただきます。また岩永氏のブログ(給餌・飼い込み)もとても参考になります。

コンテストについては、上位との差をシーブソンが分析するなら、「尾」の差だと思っています。 

過去のコンテスト受賞者の尾の出来と胴の出来を比べてみると明らかに「尾」の出来がいい個体が受賞していて尾の加点が高いように感じます。 「せり上がり」と「厚み」を意識することが、入賞へのキーポイントのような気がしています。  
それぐらいコンテストの傾向として、かなり尾に比重を置いているとふんでいます。 当然、胴の菱形体形やバランスも審査しているでしょう、しかし素人目には尾の良し悪しより、体形の良し悪しがはっきりしない(わかりにくい?)からです。 魚を見ている量も違いますから、経験なのかもしれません。

そこで、素人シーブソンでは頼りないので、師匠どうなんでしょう?w
またシーブソンのような初心者のために 主催者の岩永氏にお願いして、 私の個体を引き合いにだして上位個体との差や欠点の指摘 改善方法等 ブログに記事にしていだだけることになっています。 お楽しみに☆



ポチっ好きのそこのあなた!! どうぞここでも、ポチってくださいm(_ _)m 
まぁ ガンバ! って意味のポチも歓迎です(笑  
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://simousanisiki.blog.fc2.com/tb.php/8-c8960903
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
飼育設備・飼育法の紹介、楽しみにしてました(笑)
水換え頻度・餌の量など参考になります!
こまめな管理がやっぱり必要ですね。
シーブソンさんの個体の体型は魅力があります!
今後参考にしながら私も飼育して行こうと思います。

ブログの更新も大変だと思いますが、無理せずに
じっくり長く続くようにがんばってください。
楽しみにしてますよ♪
遅れましたがwebコンテスト3位入賞おめでとうございます!!
Posted by ニトロ at 2013.05.27 21:47 | 編集
こんばんわ

まずはWEBコンテスト3位入賞おめでとうございます。
飼育環境もそうですが、給餌や水換えのタイミングなどは飼育者が1000人いれば1000通りあると思います。
自分がどれを参考にすべきかは個人の責任において行われることであって何か問題があったから責任を転嫁することはありえないと思いますよ。
失敗も成功も含めて公開するというのはなかなか勇気がいりますね~


赤虫メインの給餌方法も誰彼かまわず真似できることでもないですし、創り手さんが変われば魚も変わります。
だから金魚は面白いんだと思います^^

寿恵廣錦のメスがいなくて仔引きできていませんが、長手の金魚で仔引きしてみたいなぁって思える金魚は久しぶりです。
これからも楽しませてくれる金魚になりそうです^^
Posted by シャム at 2013.05.27 22:41 | 編集
実は飼育設備・飼育法の紹介のつもりで書いたわけではないのです(笑)
過去の回想のようなものでi-201 

これから、飼育設備と 飼育法を詳しく書いていきますので!i-179

水換え頻度・餌の量などはコンテスト向けです!
週1,2回の水換えでも十分な飼育法もありますから、ニトロさんの生活ペースに合わせて、無理なく管理できるものがいいと思います。 

こまめな管理が出来ることに越したことは無いですが、手をかけすぎるとサボった時に、魚が体調を崩しやすくなるので、 「やるなら必ずやる!」 「必要ないならやらない!」 といったメリハリ、安定した管理が重要に感じています。 つまり、「無理なく継続できる範囲で管理すること」を心がけるといいと思います。

この体型を気に入ってくれて嬉しく思います☆ 体形にこだわるシーブソンとしては最大級の褒め言葉です!
口が小さいと 表情がチャーミングなんです。 スプーンヘッドで体高があると キリッとかっこいいのです。
そんなとこが好きなんです。

 ニトロさんも寿恵廣錦を末永く楽しんでください! 余裕ができたら、是非お友達にも寿恵廣錦を勧めてみてくだい。 近くの友人と「ワイワイ」出来ると、より楽しいですから☆

Posted by シーブソン at 2013.05.28 00:05 | 編集
 こんばんわ☆
 ありがとうございます。 初コメと共にお礼申し上げます。

 シャムさんのように種類も多く飼育され、子引きまでなさる力のある方だからこそ、飼育法は千差万別であると考えられるのだと思います。ベテランの余裕というやつです☆
初心者の方は「正解」が欲しくなると思うのです。また、私のブログを見て、寿恵廣錦の飼育法がコレと決め付けて視野を狭くして欲しくない思いから注釈をいれました。 

元々、寿恵廣錦を広めたい思いで立ち上げましたので、初心者の道しるべになるべく「屍を越えていけ」スタイルでやりたいな と思っています。
寿恵廣錦は ランチュウなどと比べ 情報が少なすぎるので、各々の基準作りのための情報発信場所となれるよう 公開いていきたいです。  目標は、国道の青看板ですw 

公開は勇気がいりますよね  広める責任は負わなければいけないので、気を引き締めてやらせて頂きます。

>>創り手さんが変われば魚も変わります。 だから金魚は面白いんだと思います^^

金魚以外は前から飼育しているので、わかりますが、 この言葉がでるシャムさんはやはりベテランさんです☆
金魚の愉しみ方をわかっていらっしゃる上級者ですので、「金ドミコブオ至高!」で色々勉強させて頂きます。

寿恵廣錦のメスがご入用でしたら、メールフォームでも コメントでもいいので仰ってください。
お力になれるかもしれません。 うちの白扇がメスならいいのですが、素人なので師匠に鑑定してもらわないと分からないのです(汗
また、シャムさんが関西圏でしたらGREENさん(リンクにあります)がおすすめです。

シャムさんのブログの更新を楽しみにしています。 
Posted by シーブソン at 2013.05.28 00:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。