--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.05.28

寿恵廣錦用水槽

こんばんは もっのすごく眠いシーブソンです
今日は寿恵廣錦用水槽考察?!で 次が寿恵廣錦用濾過器考察?! その次が寿恵廣錦の飼育法(シーブソンVer)水換えと餌の量と糞くらいしか書けませんが・・・(経験不足) 餌の種類は後々、ネタ切れた頃に(爆)
というスケジュールを予定しているので、飼育法が気になる方も2日後だけ見にくるのはやめて毎日欠かさず来て下さい  みなさんだけが拠り所なのです(笑)
4536
これが最初に寿恵廣錦を入れた水槽です。 45×30×36の前面曲げガラス水槽(メーカー不明)
モンスターアクアリウム松戸で買った中古です。 師匠が寿恵廣錦飼えるというので買いました。 
しかし、コレはでした
確かに飼えますが、おすすめしません。 何故なら大きくなることを考えると手狭で非効率だからです。
ある程度の太みを持った寿恵廣錦らしい魚を飼っていくとなると、大きくさせなくても2匹が限界だと思います。
餌食いやストレスを考えると寿恵廣錦は複数飼いが基本になります。数でもギリギリです。

じっくり飼っても、いずれ10cmは越えてくるはずです。(寿恵廣錦は比較的大きくなりやすい体質なので) 
そうなると濾過が重要ですが、シーブソンがお勧めする上部濾過だと、いい商品が45cm水槽用にはありません。
 
シーブソンが使っている デュアルクリーンフリーは 濾過槽小さすぎ、ポンプ弱すぎで 
安定した管理をするには手間がかかります。(水換えで補う等) 他社の45cmも似たようなものだと思います。
(オリジナルやポンプの番手をあげる対策もありますが、以下の理由もあって費用対効果は低いと思います。) 
 
さらに水作Mなんか入れるとより狭くなるので、魚が物にぶつかって怪我のもとにもなります。 

この水槽に10匹入れていた時にも水作Mを入れていました。 10匹という超過密のせいか怪我する子がいたのです。  小さい頃や驚かせた時はフナ型特有の鋭い泳ぎをするので、 突起物や狭い時は物を入れない方がいいと思いました。 狭いところに集まって渋滞している時に驚くと怪我しやすいようです。

グチグチ 言いましたが、結局のところ 見ていて窮屈!!濾過不足になりやすい!ということですw
60H
そこでおすすめが、60cm水槽です。スペース的に問題がないのであれば、初めて飼う人にもまず60cmを提案します 写真は60×30×40(テトラ製)ガラス水槽です。14cmくらいが4匹いますが、手狭には見えないと思います。
コンテスト向けに飼育する方は2~3匹 じっくり飼う方ならもう少し増やせると思います。  

なにより60cmサイズからはフィルターの種類が豊富シーブソンはグランデRに追加濾過槽で濾過強化しています
水量アップも水質安定に貢献しますし水作Mなら手狭に感じさせません。 (シーブソンはニューフラワー入れていますが、フラワーはデカいですw おすすめしません) そして、コスト的にもメーカー基準となる60cmなら負担は少ないと思います。 案外、45cm水槽で揃えるより安いかもしれません charmさんとかならw

まとめると 見た目も余裕あり、水量、濾過もしっかりしていて 何より安いw!! 安定管理のスタンダードと考えています。

6045
場所に余裕のある方やコンテスト志向の方60×45×45(60ワイド)がおすすめ!!というより幅60cmだと、ここに行き着くのであります これはコトブキのレグラスですね 新品は高いですが、中古なので安いです。

魚のサイズを求めると、大きい水槽の方が大きくなると言われています。

シーブソンも60×30×40で飼い込んでいますが、この先、魚が大きくなることを考えると、いずれ魚を減らす必要に迫られます。(それ故に、シーブソンもサイズアップするのです)

この二点から「早いうちに大きい水槽にしておいたほうがいい」と考えます。

90cm120cm水槽についてですが、師匠や寿恵廣会の方は愛用しています。 大きくなる、沢山飼える、水量による安定等、メリットがあるからだと思います。
しかし、このブログの方針がシーブソンのような初心者をメインとしている点を考えると、いきなり大型はありえないと思います。 尚且つ60cmを越えると機材の値段が跳ね上がることを勘案すると 60cmが無難となります。

60×45×45は大きいですが60cmフィルターが使えるので、コンテスト向けには60×45×45をお勧めします。

ここまでに気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、シーブソンはハイタイプ(背高水槽)しか使っていません
それは水深のあるほうが、「尾に良い」と言われているからです。

というわけで、今日のまとめ!!
  まず飼ってみたい方、じっくり飼育派は60cmのハイタイプ! コンテスト目指す方は 60cmのワイド!!  がシーブソンの経験込みのおすすめです! 皆さんはシーブソンのように失敗しないように、先を見据えた水槽選択してください
  呼吸の数だけポチっ っとな。 今日もありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://simousanisiki.blog.fc2.com/tb.php/9-08786da0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。